電気シェーバー 肌の弱い私がおすすめする高コスパの国産IZUMIとは?

肌の弱い私は毎朝髭を剃るのが億劫になっていました。有名メーカーの電気シェーバーも何種類試したことか・・・。電気シェーバーの歯が悪くなったので替え刃を買おうと検索してみると驚くような値段だったので、もう少ししたら注文するか・・・と繋ぎのはずで使っていたT字カミソリを使っていたらなんだかんだで数年間、T字カミソリを使い続けていたのです。

T字カミソリのサムライエッジは国産刃だけあって凄くいいのですが。

やっぱり電気シェーバーが楽だなと思って色々調べたところ、『IZUMI』というメーカーを知ることになりました。その時は全く知らないメーカーだったのです。

 

IZUMIとは?

泉精器製作所という本社が長野県松本市の会社です。電気関係の工具を製作しているメーカーなので電気シェーバーを作っているのも納得ですね。毛玉クリーナーも作っているらしく、電気シェーバーと共通点ありますよねw

 

IZUMIの電気シェーバーがどんなシリーズがあるの?

大体3つくらいに分かれているようなイメージでした。

  • 激安シェーバー 1000円以下
  • 低価格の2枚刃、3枚刃のソリッドシリーズ
  • 可動ヘッド、高速モーターの3枚刃、4枚刃ハイエンドシリーズ

ハイエンドシリーズでも一番高くても1万円位とリーズナブルな価格設定。IZUMI Z-DRIVE ハイエンドシリーズ の IZF-V977では、4枚刃の全自動洗浄器付き日本製モデル。

 

私の購入したのはIZUMI Z-DRIVE ハイエンドシリーズ 往復式シェーバー 4枚刃IZF-V937です。自分は全自動クリーニングは必要ないと思ったのでその下のクラスの物にしました。

それなのにこの安さ。泉精器製作所さんはちゃんと利益あるのか心配してしまうレベルです。

IZUMIの電気シェーバーは国産の刃なのでそれだけで安心してしまう。以前使っていた国産サムライエッジの信頼のせいなのか。

入っているものはジェーバー本体、専用ケース、ブラシ、充電器、説明書。

電気シェーバーを持ってみると結構ごつくて、他の電気シェーバーに比べると思い印象があります。

トリマーもあるので、私みたいなもみあげが、ルパン3世のようになってしまう人にとってはありがたい。実際にもみあげを整えてみると思いのほかやり易いです。しかし、何度もこのような刃が剥き出しっぽいトリマーを使うのですが、肌の皮膚まで切っちゃうようでドキドキするのは私だけでしょうかw

ヘッド部分をみると面が広いので、髭を剃るのが扱いにくいかなと思いますが全くそんなことは無く剃りやすいです。鼻の下なども剃りやすいです。

肌の弱い私が剃ってみた感想

まず、肌になにも付けない空の状態で剃ってみたところ気持ちいほど髭が切れる音がします。肌にも優しいですがしっかり髭が剃れていました。しかし、シェーバージェルを付けると肌の滑りが良くなるので、摩擦が少なくなるのか肌の負担も少なくなっておすすめです。水洗いが出来るので安心して使えますね。

T字カミソリの3枚刃を以前使っていましたがそれより良く剃れて肌も痛くなりません。汗をかいた後はちょっとピリピリすることはありますが今までの使っていた電気シェーバーに比べれば、以前のシェーバーには戻れません

あと感じた事はバッテリーの持ちがいいです。1ヵ月半毎日一回使っていてまだ残り43%でした。2ヵ月は持ちそうな感じです。デジタルで何%と見れるので便利です。

IZUMIシェーバーの良いことろ、イマイチな所

良い所
値段が安い
良く剃れて肌に優しい
バッテリーの持ちが半端ない
洗浄が簡単

イマイチな所
デカい
重い

ちょっとデカくてごつい電気シェーバーですがそれでもいいと思うのでしたらコスパいいのでIZUMIの電気シェーバーはおすすめします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です